logo1logo2
logo3homeprofilebusinessrecipecontact
 
 



 


 

   
     
  脂分を含んだ排水を、直接排水してはいけないという法律(水質汚濁防止法他)により、飲食店様には、排水をいったん溜めて脂分を少なくし排出するグリーストラップ(=脂阻集器)の設置が義務づけられています。 この管理と毎日の清掃が、飲食店様の大きな負担となっていませんか。 アビリットが販売するイオンスパークTM2000(特許出願中※1)は、マイナスイオンのパワーで脂分や水垢を、ぐんぐん分解。清掃作業が大きく削減できるという画期的な改善装置です※2
 
 
  厨房からの油脂(グリース)を含んだ排水を、そのまま流さず一時せき止め(トラップ)溜めておく装置。いくつかのブロックに分かれ、徐々に脂肪分を分解します。油脂分の処理は日常的にお店の方が汲み取ったり、専門業者による定期的な清掃が必要となります。
 
  1971年に施工された水質汚濁防止法により、特定の事業場にグリーストラップの設置が義務付けられ、さらに1976年には下水道法により、すべての営業用調理施設に事実上設置が義務付けられています。
 
  悪臭、パイプの詰まり、ゴキブリなどの発生…。グリーストラップの清掃は大変な作業となっています。高いコストをかけ、事業ゴミ処理と合わせ専門業者に依頼されている店舗様も多くなっています。
     
 

△ ページトップへ